妄想と現実となにか

DMM R-18の動画紹介や妄想垂れ流しの官能小説、日々の日記雑談を書いています。今は甘々イチャイチャH小説を連載中!
妄想と現実となにか TOP  >  官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お○んぽきっぷ


暑い夏の日の話。

たまたま今日は休みだった。
「電車に乗って海でも見に行こうかな」
ちょうど今の時期は、エリアフリーきっぷ(おさんぽきっぷ)が売っていて
私の住んでいる街から海が見える街まで乗り放題になる。

さっそく買って、電車に飛び乗り海を目指した。
休日だからか、それなりに人も乗っていた。


昔ながらの、向かい合わせシート。
窓側の席に座って流れていく風景を目で追っていく。

都会から森

森から平野

だんたんと風景が単調になっていく。


気づいたら眠っていた。
目が覚めると、それなりにいた人はほとんど降りてしまい
車内は閑散としていた。

閑散としてるはずなのに、私の前には
若い男の子が座っている。

というか、私が起きた瞬間に目をそらしたよね…?
私のこと見てた…?

私はかなり薄着をしていたので…そっかそっか…

「あー…あっついなぁ…」
胸元をパタパタしてみた。


『っ…』
すると、男の子は一瞬ちらっと見た後
顔を真っ赤にしてまた目をそらした

かわいい…
うぶな反応めっちゃ可愛い…

もうちょっとからかっちゃお…


『あっ…!』
今度は足を組んでみた。
か細い声が聞こえて、ずっとそこばっかり見てる…

「ねぇ…きみ…どこ見てるのかな?」
『えっ!?あっあのそのっ…!』
声を掛けられあたふたする男の子

「全部ばれてるよ…?」
『あああ…ごごごめんなさい…!』
「ふふっ…かわいい…お姉さん見て興奮してたの?」
『そそ…そんなこと…』
慌てて手で股間を隠そうとする男の子

「どうして隠しちゃうの?こんなにおっきくなってるのに…」
その手の前に私の手が彼の股間に触れる。
若くていきいきしたおちんちん…

『お姉さん…!?あのそのっ…』
さわった瞬間にびくってなるおちんちん。
「なぁに…?やめてほしいのかな…?」
見上げて顔を見たら…
恥ずかしそうなもっとしてほしそうな葛藤してる顔が見えた

『も…もっとしてほしい…』
「ふふっ…素直な子だーいすき…」
ズボンの上からなぞりなぞりするたびにびくびくしてる…
もうズボンからはちきれちゃうかな…?

ジーっとファスナーを下げたら…
男の人の匂いがする…
独特のあの匂い…
トランクスがべとべとになってる…

「もう…ベタベタしてるよ…?そんなに興奮してたの?」
『ね、ねてるときからっ…ずっとみてたから…あうぅっ』
「そんなに見てたの?変態だねきみ…女の子みたいな声かわいい…」
トランクスの上、ぬるぬるになってる上から先っぽを指先でなぞってみた

『やっ…やめ…』
「こーんなにぬるぬるなのにやめちゃっていいのかなー?」
こんなかわいい声出しちゃうんだもん、もっと意地悪したくなっちゃう

『ふぁぁぁっ…だめだめっさきっぽきもちいっ…』
「しーっ!あんまり大きい声出したらばれちゃうよ?」
だんだんと声が大きくなってくるので

彼の上に乗って口を塞ぎながらつづき。
『んんっ…んっ…ふぅ…んーっ…』

彼の吐息と唾液の絡む音
ガタンゴトンという音が響き渡る。

おちんちんを握ってしこしこ。

しこしこするたびに切ない声を出す彼…

『お…おねえさんっ…もうっ…だめっ…』
「いいよ…たくさんせーえき出して…?ぴゅーって出して…?」
『あっあっだめでちゃうっ…』

何回か彼が大きく跳ねて
その後ぐったりしてしまった

〈次は終点…〉

ぐったりした彼の頭を撫でながら、終点まで一緒に旅をしました。

IMG_20150413_141356.jpg



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/12/14 21:58 ] 官能小説 単発ネタ | TB(0) | CM(0)

また冬がきて_Another 2

「んんぅ…」
軽く触れるだけのキス。

ほんとは、すごく怖かった。
前の彼氏がとても乱暴だったから。

ずっと拒絶してた。
男の性欲なんて全部乱暴だと思ってた。

でも彼、柊平君は違った。
私が嫌だといえばそれ以上何もしてこない。
彼なら…怖いけど…大丈夫だよね…

「柊平くん…ごめんね…」
[な、なにがですか!?僕のほうこそごめんなさい!]
キスしただけで少し酔いがさめた。
酔いより、ドキドキが強くなってる…

「どうして謝るの…?」
[えっ…だって聖華さんにキスしちゃったから…]
申し訳なさそうな顔して目線をそらす柊平君。
するすると私の背中にあった手も落ちていく。

「ほんとはね…ずっと…怖かったの…」
[えっ?]
柊平君にさっき思ったことを全部話した。

[聖華さん…]
「だから…今までごめn…!?」
柊平君に強く抱きしめられた。

[聖華さん…つらかったんだね…]
「柊平君…」
背中をさすってくれる柊平君。

ほんと…柊平君は優しすぎるよ…
ずるいよ、そんなにやさしいの…

DsallNdU4AAR9Kn.jpg


アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

大人のおもちゃ通販
[ 2018/11/28 21:18 ] 官能小説 単発ネタ | TB(0) | CM(0)

魔法の鏡

この街のとあるお店に、マジックミラーになっている共用トイレがあるという噂が流れてる。
そんなの、噂の域を出ない都市伝説だと思っていた

「なんじゃこりゃ…」
たまたま入ったトイレ
左側、トイレットペーパーホルダーの上がガラスになってる。
というか、もしかしてこれ…マジックミラーか?

[あぁ~、寒いよ~…]
そしてなんてタイミング!
ロングヘアーの女性が入ってきた!
相手は全然気づいてない!

ちょっと立ち上がって覗くと、女性の素足が!
そして…黒い茂みが…!

[あの人…かっこよかったな…ドキドキしちゃった…]

[だ…誰も見てないよね…?]
周りをきょろきょろしだす女性。
というか一瞬目が合った!?
まさかばれてる!?

鏡の前まで来て、こちらを覗き込んでる!!!
[鏡か…]
向こうはほんとに鏡らしい…よかった

[んっ…]
オマンコなぞり始めて、オナニーしてる!?
やべぇ…本物だよ…

だんだんと大きく足を開いてなぞってる…
ここやべぇよ…

[こんなふうっ…にっ…さわって…ほしいなっ…]
だんだん息が荒くなっていく。
俺も興奮してきてたってきた…

[おっぱいっ…もんでほしいなぁぅ…]
大きな胸を自分で揉みしだきながら荒い息使いでオナニーしてる…
だんだん手の動きが早くなってて…気持ちよさそう…
俺も我慢できない…

[はぁはぁ…だめっだめっ…いっちゃうよぉっ…]
首を振ってイヤイヤしてるけど、もう限界は近そうだ…
俺はまだイケなさそう…

[ああああっ…いくうううぅっ…]
トイレの外にも聞こえそうな絶叫で、イってしまった…
結局俺はイケずじまい…
消化不良…

[はぁはぁ…いっちゃった…]
あわただしく身なりを整えて、女性はトイレを出ていった…

「すげぇなこのトイレ…」
俺も早く抜いてトイレ出るか…

コンコンコン

誰かがドアをノックした。

ガチャ
は!?鍵のかかったドア開いた!?

[ふふふっ…まだ…満足できていないよね…?]
さっきまで隣でオナってた女性が目の前に…
「いやあのその…」
慌ててズボンを上げようとするが、女性に止められた。

[かわいいっ…せーえきぴゅっぴゅしましょうね…]
トイレに座らされ、女性が跪いて両手で俺のを握ってる…
少し熱を帯びた温かい両手…
上目づかいで見つめてくる顔…
子供に接するときのような優しい笑顔…

[んっ…さっきより小っちゃくなっちゃった…?]
さっきは隣のオナを見てたから興奮してたけど
今はそういうのがないからちょっと萎えてる気が…
[じゃあ…これでどうかな?]
上着を脱いで、胸で挟み込んでくれた

[あはっ…おっきくなった☆]
やわらかいおっぱいに挟まれ、俺のはギンギンになった。
そして、もうすぐイキそう…

[ビクビクってしてる…♪もうイっちゃいそう?ぴゅっぴゅって顔にかけて?]
そういうと亀頭を舌でいじりだした…
これだめだって気持ちよすぎだって…

「もうっ…だめっ…いくっ…」
言い終えるのと同時くらいにイってしまった…
勢いよく出たものは、女性の顔面や胸元にかかりドロドロと垂れていた…

[うふっ…せーえきたくさんぴゅっぴゅしちゃったね♪]
「す、すみません…」
[なんで謝るのー?私の見てて興奮してくれたんでしょ…?]
「えっ…?これってマジックミラーじゃ…」
[これ…ただのガラスだよ?]
またまた…
[あと、あなたがトイレ入ったのを見て私も入っちゃった☆]
「どういう意味ですか…?」
[あなたかっこいいから、見てほしいなーって]
やばいのに目をつけられた感が…
でも、この人かわいいな…

「そ、そうですか…」
[うん!これ、連絡先なんでよかったら今度デートしてください!♪]
「あ、ありがとう…」
何かよくわからないうちに連絡先を交換して、また会うことになりそうだ…

トイレから始まる恋愛なんてあるのか…?

IMG_20151211_183935.jpg

優紀の日常12

「メッセ着てる…」

よぉ久しぶり!覚えてる?今度同窓会やるけど優紀来れるかな?

「波音くんだ…!懐かしいなぁ…」
高校時代から全然逢っていなかったな…
一番モテてたよね波音くん…
どんな風に変わってるのかな…

「もう一通…」

優紀さん、ほんとごめん…優紀さんに意地悪したくて亜衣ちゃんと飲みに行くとか言っちゃった…

「意地悪とか…そういう次元じゃないよ…」
意地悪じゃなくて、浮気だよ…
無理やり咥えさせたり、おしり嫌だって言ってるのに止めてくれないし…
途中でやめちゃうし自分勝手だよ…

なんとかパジャマに着替えた。
でも、やっぱり眠い…

11/22
「んんっ…」
疲れが抜けきらない…
青波君とのこと。
波音君からきたメッセ。
頭の中がぐちゃぐちゃになってきた…

『あー、優紀さん!おはよーございます~』
「亜衣ちゃん、おはようございます。」
『えへへ~、昨日青波さんにおしゃれなバー連れてってもらいました~』
「あら、そうなの?よかったじゃない」
平然装ってるけど、全然普通な状態じゃない…
怒りしかこみあげてこない

『でね~、その後~ホテルに~♪』
「ほ、ほてる!?」
『えへへ~、そうなんですよ~盛り上がっちゃって~♪』
あいつ…誰でも誘ってるのか…

《ちょっと、もうすぐ開始時間よ。お話してないで準備しなさい。》
振り向くと、麗奈部長が腕組んで怒ってた…
《当麻君!またミスしたの!?》
麗奈部長は、いっつも冷たく当麻君に当たってるなぁ…


今日は何事もなく仕事が終わった…
久しぶりにちょっと落ち着いて、私もほっとできた…

さて、かえr
[優紀さん!]
「…」
[ちょっと待って優紀s]

[えっ…]
思い切り平手打ちしてしまった…
「もう話しかけないで」
それしか言えなかった。
それ以上言うと、涙がぽろぽろ落ちてきちゃいそうだから…

ロッカーで涙拭いてると、麗奈部長が私のところに来た。
《駄目よ、ああいうのに引っかかったら…》
「えっ…?」
《青波君よ。全部知ってたわ。》
「ぶ、ぶちょう…うわああああああ」
気づいたら麗奈部長の胸に飛び込んで泣いてた。
《あらあら…一つ勉強になったでしょ?》
優しく頭を撫でてくれる麗奈部長…
《こういう時は、飲みに行くに限るわ!行くわよ!》

飲みに連れて行ってくれた麗奈部長の前で、また私はやらかしてしまいました。

運河の写真2

優紀の日常11

11/20。

今日も仕事…
年末に向けてだんだんと忙しくなってきて、疲れがたまってくる…
そんな時は青波君に抱きしめてもらえばちょっと元気が出…る?

[はははっ…亜衣ちゃん面白いねー]
『そんなことないですよー、青波さんが面白いからついついー』

あの日からそろそろ1か月。
1か月なのに、青波君は最近亜衣ちゃんと仲良くお話してる…
というかボディタッチしてる!!!

亜衣ちゃん。
私より少し年下の小動物みたいなかわいさのある子…
私とは全然違う子

むぅ…私の彼氏なのに…
デレっとしちゃって!

『そうだ!青波さんって彼女いるんですかー!?』
[えっ、あっ…いや…]

えっ!?
私…

『むふふー、じゃあ今度飲みに連れて行ってくださいよー!』
[こ、今度ね…]
『やったー!絶対連れて行ってくださいねー!』
[う、うん今度な…]

バキッ

『あ、あれ?優紀さん?』
二人が一斉にこっちを見る。
亜衣ちゃんは不思議そうな顔で、青波君はバツが悪そうな顔してる。

「あ…ごめんね?鉛筆折れちゃった…」
『鉛筆さんかわいそうですよー…あれーもしかして、優紀さんも青葉さんと飲みに行きたいんですか?』

[いや…私には彼氏いるから怒られちゃうなぁ…]
『そうなんですねー、じゃあ私は…えいっ!』
[ちょっ!]「えっ!?」

亜衣ちゃんが青波君に抱き着いてる!

『青波さんと付き合っちゃおうかなー?』
[あ、あはは…]

「じゃあそろそろお先に失礼しまーす…」
[あ、ちょっと優紀さん…]
青波君が私を呼び止める。
今更…亜衣ちゃんと仲良くしてればいいじゃん…
「なに?」
[えっとその…]
「急いでるからごめんね。」



おうちに戻り、ベッドでごろごろ…
テレビでは中央公園のイルミネーションの話が流れていた。
「もうすぐイルミネーションの時期かぁ…」
あれから…1年か…
彼氏くん…何してるのかな…
私はやっぱり…重いのかな…

11/21

「んっ…あさ…」
気づいたら、スーツのまま寝てた。

「今日は会社行きたくないな…」
昨日のことがあって、なんとなく会社に行きたくない…
でも行かないと…


[あ、優紀さんおはよう!]
朝から会ってしまった…

「…おはよう」
[怒ってるの?]
「別に…」
[怒ってるじゃん。]
「怒ってないし!」
『ふぁあ~あ…あれー…優紀さんと青波さんどうしたんですか~?』
もう一人会いたくなかった人に会ってしまった…
「ちょ、ちょっとね…」
[あ、そうだ亜衣ちゃん!今日暇?飲みに行こうよ!]

はあああああああああああ?
青波君何言ってんの!?

「さいってー…」
『優紀さん?』
[あーいいよいいよ気にしなくて!それよりさ…]
青波君何なの…
私のことが手に取るようにわかるからってそういうことしてるの?
もうわけわかんない…

〈だからさぁ、なんでそういう間違いしてるわけ!?〉
「はい…えぇ…」
嫌なことは重なるもので、今日は1日中クレームの電話を受け続けた…

「はぁ…疲れた…」
くったくたになり、おうちに帰る。
今日もベッドでスーツのまま寝てしまいそう…
「メッセ着てる…」

IMG_20151211_185543f.jpg
プロフィール

優紀

Author:優紀

最近はちょっとエッチな妄想 官能小説を中心に書いています。

気に入っていただけたら拍手とか、いただけると嬉しいです><




ご意見ご感想、「続きを書いて欲しい単発ネタ」「この名前で書いて欲しい」などあればお知らせください。






世間一般では「LGBT」って言われる人間です。


体と心の性がずれています。。。
身体が男、心が女

かうんた
メールフォーム
「昔やってたアレの依頼」とか何かあればどうぞ
相互リンク、「妄想を話したい」、こういうの書いて欲しいとか

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロともさん募集中です(o・ω・o)

この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。