妄想と現実となにか

DMM R-18の動画紹介や妄想垂れ流しの官能小説、日々の日記雑談を書いています。今は甘々イチャイチャH小説や背徳感満載の小説を連載中!なるべく毎日更新!
妄想と現実となにか TOP  >  琴音x和希

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琴音x和希 12

琴音x和希 12

[きもちぃっ…よぉ…かずくんっ…]
首は横に振ってるけど、言葉は素直になってる…

動く度に手錠の音が響く。

でも、聞こえてくるのは手錠の音だけじゃなくて・・・
私のあそこから、ぴちゃぴちゃって…恥ずかしい音が・・・

「もう、入れていいよね?」
私をそっと抱きしめて、そのままかずくんが私にすべてを預けてくる。

ゆっくりと、大きなのが私の中に…

ずっと、かずくんと一緒にいるんだ…
思わず力が入ってしまう…

「っ!琴音っ…締め付けっ…きもちいいっ…」

入ってきたかずくんのが、また大きくなる…
どくどくと脈をうってる…

「これっ、じゃま…」
かずくんが乱暴に目隠しを取った。

私の目の前に、かずくんの顔が見える…

[かずくんっ…だいすきだよぉ…]

かずくんが腰を動かす度に、ぴちゃぴちゃと響き渡る
恥ずかしい…けど…もっとかずくんと…

「ことねっ…」

[んっ…]
かずくんが唇を塞いでくる。
唇をかずくんの舌がノックされて、そのまま舌を受け入れる。

かずくんと私の舌が絡み合う。
また、頭がぼーっとしてきた。
蕩けそうだよ…かずくん…
[あっ…ああ…うぅっ…]

「…く…よ…ね…」
段々とかずくんの声が遠くなる。


目が覚めたのは1時間位後だった。

[あれ…]
手錠も外されていた。

「…起きるの遅い」
かずくんがぼそっと言う。

「そんなに…気持ちよかったの?」

もももしかして、私気持ちよくなって気絶してた…?

[ちちちがうもんっ]

恥ずかしくなってシーツの中に潜った。

「やれやれ…」

そう言ってかずくんはバスルームに向かっていった。。。

/////////////////////////////////
優紀決めた。仕事決まらないなら自分で仕事を作ろうと。
いい加減他の(会社や派遣)に頼るのはやめようと。
というわけで色々おしごとを作っている段階です。


お久しぶりの琴音ちゃん達です。
前回書いてから何ヶ月経っているのか覚えていませんが…
キリの良いところまで書きました。
やりたいことを書いたメモがあったので、それを使って少しづつ続きを書いていければと思います
意識が飛ぶくらいのセックスってあるのでしょうか?w

女性向けアダルト動画DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2016/11/17 23:24 ] 官能小説 琴音x和希 | TB(0) | CM(0)

琴音x和希 11

「そっか…」
少し落ち込んだような声が聞こえてきた。
何となく、かずくんが離れていった気がした。

あうぅ…もっと触って欲しい…
モゾモゾじゃ…物足りないよ…

[か、かずくんっ…]
我慢できないよぉ…かずくんにもっと触ってもらいたい…
「ん?どうした…?」

[も、もっと…]
最後の一言が言い出せない…
気持ちよくなりたい、でも言ってしまったら…

「もっと…何?」
わざと耳元で囁くかずくん…
ずるいよ…ほんとずるい…

首を横に振ってイヤイヤする…
身体はもっと気持ちよくなりたいけど、心が抵抗してる…

[あ、うぅ…あの…その…んんっ!]
いきなりキスされて喋れなくなってしまった。
強引に舌を入れられて。。。

頭のなかが真っ白になってしまう…
もう、抵抗できないや…

[っ…もっともっと…してください…]
心の抵抗がなくなってしまって、身体だけがかずくんを求める。。。

「やっぱ、琴音そういうところ可愛い…無理に攻めなくてもいいんだよ?」

「ほら、足開いて…全部俺に見せてごらん?」
言われるがままに足を開いて、かずくんに見せる…
私は目隠しをされて何も見えないけど、かずくんは私の全部を見てる…
かずくんに、全部見られてる…胸の鼓動がやばい…心臓バクバク…

「もうダラダラ溢れてるよ…?」
かずくんは私のあそこの前で語りかける…
[うぅっ…ちがっ…]
「何が違うの…?」
そういいながらかずくんはあそこに指を入れてくる…
[うううっ!ダメダメっ…ぞくぞくっ…きちゃうっ…]
「指入れただけなのに、そんなに気持ちいいの?」

[きもちぃっ…よぉ…かずくんっ…]
首は横に振ってるけど、言葉は素直になってる…

。。。

お久しぶりです。優紀です。
ここ最近、色々あってツイキャスさんの方では放送してたんですけど…
なんかね、精神的にきつくて…


[ 2016/02/13 10:02 ] 官能小説 琴音x和希 | TB(0) | CM(0)

琴音x和希 11

さっきまで私がしていたことを今度はかずくんにやられる。。。
かずくんがじっと見つめてくる…

「恥ずかしいって…この前言っただろ…」
かずくんが声を震わせながら、私の服を一気に脱がす…

[か、かずくんっ!なにこれっ!みえないよっ…!]
そのままかずくんに目隠しと手錠をされた。

何も見えない。
見えないから、かずくんがどんな顔してるのかわからないよ…

「目隠しと手錠だよ。琴音が手元においてくれたからさ…使って欲しいのかなって」
さっきまでのかずくんとは違って、声が一気に優しくなる…
[ち、ちがっ…んんっー!]
いきなりキスをされる。
見えないから、感覚が研ぎ澄まされてキスだけでぞくぞくする…

何をされるのかわからない不安…

「琴音…やっぱり怒ってた…?」
かずくんが耳元で囁く。

[っ…おこって…無いもん…]
怒ってはいなかった。
でも、他の女性を見てたのは悔しかった。

「じゃあ…やきもち?」
[んんっ…ち、ちが…]
首を横に振る。

「そっか…ごめんよ…」
またそっと唇にキスをされる。
乱暴じゃなくて、とても優しいキス…

ゾクゾクしてて、キュンキュンしてて…
気づいたら、かずくんの背中に手を回して抱きついていた。

もっともっとかずくんに気持よくして欲しいって…
[も…もっとぉ…]
おねだりしちゃった…
見えないから…何されるかわからないけど…
でも…もっともっと…

「もっと…何して欲しい?」
かずくんが、私の胸をなぞってくる。
大きな円を描くように、私の胸をなぞられる。。。

[やぁぁっ!あぅ…きもち…よくして…ほしい…]
いきなりなぞられて、変な声がでちゃった…
でも、かずくんの指に触れられただけで、モゾモゾしちゃう…

「たくさん気持よくしてあげるからね…」
そう言いながら、かずくんは…

[んんっ…]
舌で首筋を舐めてる…
かずくんの吐息がすぐそこから聞こえてくる。
その吐息が熱を帯びてて、すっごくいやらしい…

舐められているのと、吐息の両方が私のこころを侵していく…

かずくんの舌がだんだんと身体の下の方に向かっていく。

肩…胸…脇…

[ダメダメぇっ…わきっ…汚いっ…からぁっ…]
首を横に振ってアピールするけどかずくんはぜんぜんお構い無しで脇を舐めていく。

[やあぁ…かっ…ずっ…くんっ…]
やだ…舐められてるだけなのに…もう…イッちゃいそう…

「どうしたの?」
かずくんはいきなり舐めるのをやめてしまった。
[うぅ…な、なんでもない…]
もうちょっとだったのに…

いきなり舐められるのをやめられちゃうと…
太腿をもぞもぞすり合わせて、少しでも気持ちよさを味わいたい…

「そっか…」

。。。

お早うございます。優紀です。
今日はね、お休みなので久しぶりに書いてみました。

急に優しくなった感のあるかずくんですが…前回がきつすぎたんでちょっと修正です。

しごとつらい




[ 2016/02/04 06:28 ] 官能小説 琴音x和希 | TB(0) | CM(0)

琴音x和希 10

琴音x和希 10

いつもと、同じだもん。。。

「くっ…おぼえてろぉっ…」
[何か。。。いったかなー?]
イキそうな、敏感になっているのをそっと指先でなぞる。

「ふぁあっ…やめっ…いっ…ちゃっ…」
かずくん…子供みたいな声出てる…
[私だけ…みててくれる…?]
かずくんを見つめながら聞いてみる…
出したくて出したくて切なそうな顔しているかずくん…

「もっ…もうほかのひとっ…見ないからっ…」
首を縦に振りながら叫んでる。
[信じてるからね…かずくん…]
両手で握って一気に扱いてあげた。

かずくんが絶叫してビクビクとイッてしまった…
私の顔にも…温かいエッチな液が…掛かっちゃった…
男の人の液…エッチな匂いがするかずくんの液…

あうぅ…ドキドキしちゃう…
ど、どんな味するのかな…

苦い…さっきはしょっぱかったのに…

「とね…ことね…もう、いいだろ…手錠…」
[ごごごめんなさい!]
液に夢中になっていたみたいで、かずくんが話しかけてるのに気づかなかった。
慌てて、手錠を外して枕の横においた。

琴音さん…?」
一段と低い声でかずくんが話しかける。
[はいっ!]
かずくんの低い声にゾクッとした…

「どういう…おつもりだったのかな?」
かずくんの冷たい声と目線が…
やばい…スイッチ入っちゃってる…

[うぅっ…だってかずくんが…]
動揺してしどろもどろになってしまう。。。
かずくんおこってるぅ…どうしよう…

「俺が…どうした?」
いきなり顎をクイッてやられた…
[ひゃっ…]
そのまま、かずくんに押し倒された。

さっきまで私がしていたことを今度はかずくんにやられる。。。

。。。
おはようございます。優紀です。
今日も朝のうちに1つ書いておきます。お久しぶりのような気がする琴音ちゃん。

かずくんが倍返ししてきましたねw

なんでしょう、ほんとせーえき好き過ぎですね優紀w
エッチしたくはないけどせーえき欲しいんでしょうか…w

あの…せーえきぶっかけてあげるっていうメール頂いても「欲しいから会って」っていえませんので…お願いします… ・w・

最近、連載じゃなくて短編でドンドン書いていこうかなって気持ちが出てきています。。。
[ 2016/01/23 07:29 ] 官能小説 琴音x和希 | TB(0) | CM(0)

琴音x和希 9

琴音x和希 9

{かずくん!もう待ち合わせの時間過ぎてるよ!}
あれから2週間。今日は久しぶりのデート。
かずくんの仕事が忙しくてなかなかデートができなかった。
久しぶりのデートなのにかずくんは遅刻。
あまりに来ないので、思わずメッセージを送ってしまった。

久しぶりに逢えると思ったのに。
たくさんギューってしてもらいたいのに。
なのに…

「ごめ…[おそーい!]」
頬を膨らませながら、やっときたかずくんに言う。
「ね、寝坊しちゃって…」
[むー…]

ふてくされてても、楽しくないよね。
せっかくかずくんに逢えたんだから、たくさん楽しんでデートしよう…

[あのね、こんなことがあったんだよー]
中央公園のベンチに隣同士で座って、会っていなかった間の事を話す。
青空の広がる大きなタワーの下、いつものデートスポット。
「そうなんだ。」
かずくんは?どんなことあったの?]
かずくんの手を握りながら聞いてみた。
「んー…仕事だった…」
[忙しいって言ってたもんね…お疲れ様…]
「ありが…あっ…あれ…」
かずくんが指をさす。

さした先には今人気の女性アイドルグループがいた。
「ちょっとサインもらってくる…!」
つないでいた手を解かれ、すごい勢いであっちにいってしまった。

デート中なのに…
私がここにいるのに…
他の女性のところに行った。しかも素早く…
私の時は遅れてきたのに。
なんなの、かずくん。。。

「よかった、サインもらえた・・・」
かずくんが嬉しそうにゆっくり戻ってきた。
もうしらない。
アイドルのほうが可愛いよね。
私より…アイドルのほうがいいんだよねきっと。

琴音…?どうしたの?」

「…次の場所いこっか」
不思議そうに首を傾げながら、立ち上がるかずくん。
[もう帰る]
「えっ?」
[かずくんなんか、もうしらないもん!]
「こ、琴音?どうしたの?」
全然気づいていない、かずくんがアタフタしてる。

[私よりアイドルのほうがいいんでしょ!?]
腕を組みながら、とにかく叫んでしまった。
「ち、ちがうから…!ほんとごめん!」

気づいたら10分位は怒って謝られてを繰り返してた。

私も言い過ぎたかな、って思った。
でもかずくんが他の女性を見てたのは悔しかった…

そうだ…かずくんが私だけを見てくれるように…
虜にさせちゃえばいいんだ…
この前みたいに…

[もういいよ、かずくん…]
「ゆるして…くれるの?」
首を縦に振る。
かずくんの表情が一気に明るくなった。

[私に魅力がないから他の人見ちゃうんだもんね、ね?]
「ち、ちがうから!」
[嘘言わなくていいよ、次の場所行こっ!]
かずくんの手を取り、立ち上がって歩き出す私達。

あの後、いろいろな場所を歩き回って疲れてしまった。
[かずくんつかれたー…どっかで休もうよー…]
「じゃあここで休もうよ」
ずっとかずくんの顔を見て歩いていたから、どこにいるのか気づかなかった。
目の前にHOTELの文字がある。
[うん…]
かずくんに抱きつきながらホテルに入っていく。

琴音…」
入って早々にかずくんが抱きしめてキスをしてきた。
いつものように、かずくんが責めてきてる。。。
責められていたいけど、責められたままだったら…
また公園のようなことされちゃうかも…

[かずくんやめてよ…今日は嫌…]
わざと冷たく言い放って拒絶をする。
「どういう…意味…?」
かずくんはすごく悲しそうな顔をした。

[嫌だから嫌なの。。。]
「ご、ごめん…」
申し訳無さそうに私からそっと離れてベッドに座るかずくん。

部屋の中を見回すと、なぜか手錠があった。
あれ、他にもムチとかいろいろある。。。
そういう部屋なのかなここ。

手錠を持ってかずくんに近づく。
[かずくん。。。おてて貸して。。。ギューってしたい。]
「え?あぁ、はい。」
ごつごつしたかずくんの手。
その手を背中に回して手錠をかける。

「…どういうこと?」
ギューッとはせずに、かずくんの手を後ろに回して手錠をかける。
[かずくんを捕まえたの]
「なに、いってんのかわから…」
かずくんに抱きついた。
最後まで言わせないで私からキスをする。
キスをしながらそっとベッドに押し倒した。

[かずくんがほかの人見るから。かずくんが私しか見れないようにたくさん気持よくするの…]
「ちょ、琴音…冗談…やめて…ね?」
かずくんの目が怯えている。
私に主導権握られるのは嫌だって知ってる。
だから、私がかずくんをたくさん気持ちよくして虜にするんだ…

[やだ…冗談じゃないもん]
そっとかずくんの上着を脱がす。
筋肉のついたごつごつした身体があらわになる…

「ほんと、わるかったって…だからさ…」
手錠を外そうともがいているけど、全然外れないみたい。

上目遣いで見つめながらかずくんの胸の先っぽを指でなぞる。
「くっ…」
なぞった瞬間にかずくんの身体がぴくっと反応する
[謝らなくて、いいんだよ…?たーくさん…気持ちよくしてあげる…]
かずくんの耳元で消えそうな声で囁く。
「ほんっ…とにっ…だめだっ…って…」
弱々しい抵抗をするかずくん。
心は抵抗してるのに、胸の先っぽはドンドン膨らんでくる。

[ダメなの…?ダメとか…無いよ?]
微笑みながらまた唇にキスをする。
舌を入れたいのに、かずくんは頑なに唇を閉じて開いてくれない。

[おくち開いてくれないの…?]
イヤイヤ、という感じでかずくんが首を振る。
振っているけど、かずくんの吐息が段々と熱い感じになってるのは分かった。

[まだ、足りないのかな…?]
胸の先っぽからドンドンと指先を下半身に向かって這わせていく。
かずくんの謝る声が聞こえてくる。

[そういえば、この前…見ないでって言ったのに見てたよねー?]
「あのっ…それはっ…えっと…」
しどろもどろになるかずくん。

[私も…ドキドキしちゃうけど、今日はみちゃおっと…]
下の方も、ゆっくり全部脱がしてあげた。
「はずかしいからっ…みるなっ…って…」
足をジタバタするかずくん。。。
ホテルの照明が明るいので、全部がはっきり見える。
よく見たことのなかったかずくんの下半身…

もう興奮してるのかな、少しおっきくなってた…
[でも…おっきくなってるよ…?]
「ちっ…ちが…」
否定しようとしてるけど、すればするほどおっきくなっていく…

握って上下にゆっくり扱いてみる。

切なそうな甲高い声がかずくんから漏れてくる。

[かずくん気持ちいい?恥ずかしい所全部見られちゃってるよ…?]
イヤイヤ、と言った感じに、切ない声混じりでまた首を振られた。

[じゃあ…もっと気持ちよくしてあげるね…]
今度は、片手で裏側をなぞったり、たまたまを揉んでみたりする。

やだ、だめという切ない声が聞こえてくる。

まだ、だめなのかな…手だけじゃだめなのかな…

舐めたこと無いけど…どんな味するのかな…

先っぽを舌で舐めてみた。

ザラザラして…しょっぱい…

かずくんの体がビクンと跳ね上がる。

それだめ、おかしくなりそうって一段と呼吸が荒くなりながらかずくんが言ってる。

[どれがダメなの…?]
更に上目遣いで舐めてみると、かずくんが悶絶してるのがよくわかった。

「こ、ことねっ…もう…でちゃうっ…」
でちゃう、と言われた。
そっと舌と手を離す。

「こと…ね…?」
[出したいの…?]
「出し…たい…」
子犬のような目で懇願してくるかずくん。

[だーめ…まだ出しちゃダメ…]
かずくんのお願い聞いちゃったら。。。
いつもと、同じだもん。。。

。。。

こんばんは、優紀です。
前々から作成してあった琴音ちゃん9を公開します。下の方は書いた時に残してあったメモです。
朝から書いていた気がします。公開しようとしたら8も公開していない事に気づいて時間空けて公開です。

後で見直したらメッチャ長くてびっくりしましたw



お前最近エロ少ないぞ、って言う声をいただいたのでエロ多めで朝起きてから書きました。
割とエッチなことをしている方が多い・長い気がします今回書いたの

彼氏彼女がいるのに他の異性のことを意識されたりするといい気分しないですよね…
その時「私に魅力がないから」と悲観的になるか「じゃあもっと好きになってもらう」と楽観的になるか…ですね
琴音ちゃんは後者でした。


今回は、エッチなことする際に相手側のセリフを極力減らしてみました。
タワーのある中央公園は他の作品に出てくる場所と同じです。もしかしたらばったり出くわすこともあるかも。

DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)オナホール2
[ 2016/01/19 18:23 ] 官能小説 琴音x和希 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

優紀

Author:優紀

最近はちょっとエッチな妄想 官能小説を中心に書いています。

気に入っていただけたら拍手とか、いただけると嬉しいです><




ご意見ご感想、「続きを書いて欲しい単発ネタ」「この名前で書いて欲しい」などあればお知らせください。






世間一般では「LGBT」って言われる人間です。


体と心の性がずれています。。。


かうんた
メールフォーム
「昔やってたアレの依頼」とか何かあればどうぞ
相互リンク、「妄想を話したい」、こういうの書いて欲しいとか

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロともさん募集中です(o・ω・o)

この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。