妄想と現実となにか

DMM R-18の動画紹介や妄想垂れ流しの官能小説、日々の日記雑談を書いています。今は甘々イチャイチャH小説を連載中!
妄想と現実となにか TOP  >  僕が僕じゃなくなる日

僕が僕じゃなくなる日 3(時間停止 2)


[タイムフリーザーってもしかして…]

時間を止めるアプリなのか…!

時間が止まっていたら、何もわからないよね…

だったら、色々してしまおう。

この、冤罪を擦り付けてきた女に…


正義感の強そうなスーツの女性。

歳は20台後半くらい。

背は僕と同じくらい。少し高いかな。

高いヒールを履いて、黒いストッキング。

後ろから抱きついてみる。

[柔らかい…甘い匂いがする…]

抱きついたときに、長い髪を触ったせいか女性特有の甘い匂いが鼻に流れてくる。

初めて感じる女性の柔らかさで心臓がはち切れそうだ…

[動いて…ないから…大丈夫だよね…]

そっと右手を女性の胸のあたりに持っていく。

[硬い…]

でも、スーツの硬さで感触がわからない…

後ろからスーツのボタンを外し、ワイシャツの上から胸を触る

[あぁ…ムニムニってする…]

さほど大きくない女性の胸を揉みながら、幸せや安らぎを感じる。

[もう…我慢できないっ…]

そっと、ファスナーを開け、左手で自分のおちんちんを握り扱く。

[気持ちいよぉ…あぁ…うぅっ…]

女性の胸をもみながら、おちんちんを上下に…



[だめっ…イクっ…]

どのくらい経っただろう。

夢中になってしごいていたら、精液を出してしまった。

手もパンツもスーツもベトベトになってしまった。

{タイムフリーザーをもう一度押すと解除できます。}

例のスマホから声が聞こえる…

一回出してしまったこと、色々ベトベトになってしまったのでトイレに駆け込んでタイムフリーザーをタップした…

またいつものように都会の雑音が聞こえる。

遠くで女性の声が聞こえたが、すぐに聞こえなくなった。

////////////////////////////////////////////////////
エロくしたぞ!( ・`ω・´)

若いというか、幼いころは何でも興奮しますよね。些細な事でも。
そんなイメージで書きました。

1回目の使用なので、ライトなのでいいかなって。だんだん変わっていけばいいと思います←

女性向けアダルト動画オナホール2






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

僕が僕じゃなくなる日 2(時間停止 1)

あの後、気づいたら寝てた。

今日も会社に行かなきゃ…

行きたくないな…


スーツを着て、電車に乗り会社に向かう。

満員電車。人混み嫌い。嫌だな…

「この人今私の事触りました!」

いきなり手を掴まれて、目の前の女性に叫ばれた。

[えっ…あの、僕じゃ…]

「絶対あなたです!変態!次の駅で降りてください!」
『お前触ってただろ!見たぞ!』

反論してみるも、誰一人僕の反論は全く聞いてくれない。

有りもしない事をでっち上げられ、僕はこのまま捕まってしまうのだろうか。

周りからの冷たい目線。冷や汗が止まらない。


手を掴まれたまま、次の駅で降ろされた。

今日は、もう会社も行けないのかな…

「駅員さん呼んできますね!」

会社に連絡しなきゃ…あれ、スマホ忘れた…今日はついてないな…

{新着メッセージがあります}

なぜか、昨日のスマホが出てきた。家に置いてきたはずなのに…

{タイムフリーザーを押してください}

「この人が私の…{タイムフリーザー起動中…}」

押して、何かが変わるなら…

言われるままに祈りながら押してみた。

さっきの女性が駅員を連れて戻って来るところだった。

辺りが静かになり、女性も駅員も動かなくなっていた。

[タイムフリーザーってもしかして…]

///////////////////////////////////////
色々細かく書いてたら長くなってしまった。エロくない!(ぷんすか

導入は長めにしたほうがいいはず、たぶんそう(言い訳
次回は、次回こそはエッチなの書きますから!(焦り

触ることのあの言葉がNGワードっぽいので出さないようにしました。
犯罪助長になってしまいますからNGになるのはわかりますが…機械的な判定は融通が聞かなくて悲しい

今日も仕事の電話かかってこなかったな。
誰かカンパくださらないかな(ボソッ



僕が僕じゃなくなる日 1



あんなこといいな、できたらいいな。

昔のアニメでよく聞いたフレーズ。

何も出来ないボクには夢のようなフレーズだった。

[どうしたの…]

街を歩いていると、目の前にぐったりしたイヌがいた。

イヌくらいは助けてあげられる…

家に連れてかえり何日か介抱してあげたら、イヌは元気に吠えて何処かに行ってしまった。

[元気になったならいいか…]


イヌがいなくなって数日。

玄関のチャイムが鳴った。

[はいー…]

出てみても誰もいない。

[またいたずらか…あれ?]

足下にスマホが落ちていた。

電源がついている。ロックもかかっていない…
画面はCODEのメッセージが出てる。

{助けてくれてありがとうございました。}

{あなたに役立つアプリ、入っています。}

何だこれ…

役立つアプリ…?

CODEを終了させて、入っているアプリを見る。

タイムフリーザー、インビジgo…あとは読めない字が書いてある。

よくわからないけど、届けたほうがいいのかな…

{このスマホは、あなたへのお返しです}

{いいことに使うも、悪いことに使うもあなたの自由}

またCODEのメッセージが…

うーん…

////////////////////////////////////////////
おはようございます(さっき起きた)

前々から書きたいと思っていた「時間停止」系のを書き始めようかと思います。
今回は導入なのでエロ無しですが…

人生に絶望してる気弱な青年が…というのが軸です。

CODEはアレです。LI◯EとかKA◯AOとかと同じようなものです。
タイムフリーザーとインビジgo。安易な名前ですが、アレとアレです。
もう少し色々入れて長く続けたいんですが名前が思いつかなかったんでぼかしました。


DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)プロステート・ギア

プロフィール

優紀

Author:優紀

最近はちょっとエッチな妄想 官能小説を中心に書いています。

気に入っていただけたら拍手とか、いただけると嬉しいです><




ご意見ご感想、「続きを書いて欲しい単発ネタ」「この名前で書いて欲しい」などあればお知らせください。






世間一般では「LGBT」って言われる人間です。


体と心の性がずれています。。。
身体が男、心が女

かうんた
メールフォーム
「昔やってたアレの依頼」とか何かあればどうぞ
相互リンク、「妄想を話したい」、こういうの書いて欲しいとか

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロともさん募集中です(o・ω・o)

この人とブロともになる