妄想と現実となにか

DMM R-18の動画紹介や妄想垂れ流しの官能小説、日々の日記雑談を書いています。今は甘々イチャイチャH小説や背徳感満載の小説を連載中!なるべく毎日更新!
妄想と現実となにか TOP  >  普通の小説 >  舞依xひなたん(11月11日のアレ)

舞依xひなたん(11月11日のアレ)

11月11日。

[夜景キレイだったね-♪]

観州馬山からの帰り、舞依が助手席から話しかけてくる。

「ん?あぁ…」

ついつい返事が上の空に。

今日こそ…舞依と…ヤりたい…

[もー…いっつもそんな返事なの?]

「わ、わりぃ…」

もう、うまく頭回らない。

舞依の身体…声…全部がほしい…

[いいよいいよ、ひなたんはいつもそうだもんね-]

[そうだ、お菓子食べていい?]

「食べていいよ」

舞依は隣で嬉しそうにお菓子を食べ始めた。


そのまま車を走らせて、海沿いの駐車場まで来た。

人気のない駐車場。

[なんで海に来たの-?]

不思議そうに俺に聞いてくる舞依。

「ちょ、ちょっとな」

どう誘えばいいんだよ…全然わかんねぇ…

そもそもホテルじゃなくていいのか?

[ふーん…そういえば、こういうの知ってる?]

そう言うと舞依はおもむろにチョコスティックを咥えてこちらを向く。

月明かりが白く舞依を照らしている。

「な、なんだよそれ…」

これって…誘ってんのか?

[ん!]

一瞬舞依が睨んで、そのまま目を瞑った。

いいんだよな…

舞依の頭を撫でながらチョコスティックを食べていく

ポキポキ…

ポキ…

[んっ…]

唇と唇が触れ合う。

チョコではない、柔らかく温かい感覚。

舞依の甘い匂い…

気づいたら夢中でキスをしてた。

[ちょっ…んぅっ…苦しいっ…]

舞依が俺を手で押し返す。

「ご、ごめん!」

我に返り、舞依から離れる。

ついつい夢中になってしまった…

[車じゃ狭いから続きは…ひなたんの家で…ね?]

////////////////////////////////////////////////
11月11日ということで、アレ(エッチなサイトなので商品名は出しませんが)の日をイメージして。
リハビリ兼ねて書いているので、どうしてもエッチなシーンは書くの難しいようです。

カーセックス、にしようかなと思ったんですが「どうヤるんだ」と。
取材不足ですね、うん。

ひなたん:うぶな男の子を書きたかった
舞依:なかなか押してこない男子をどう押させるかを考えた

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)DMM.R18大人のおもちゃ(女性向け)



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2016/11/14 19:31 ] 普通の小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

優紀

Author:優紀

最近はちょっとエッチな妄想 官能小説を中心に書いています。

気に入っていただけたら拍手とか、いただけると嬉しいです><




ご意見ご感想、「続きを書いて欲しい単発ネタ」「この名前で書いて欲しい」などあればお知らせください。






世間一般では「LGBT」って言われる人間です。


体と心の性がずれています。。。


かうんた
メールフォーム
「昔やってたアレの依頼」とか何かあればどうぞ
相互リンク、「妄想を話したい」、こういうの書いて欲しいとか

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロともさん募集中です(o・ω・o)

この人とブロともになる