妄想と現実となにか

DMM R-18の動画紹介や妄想垂れ流しの官能小説、日々の日記雑談を書いています。今は甘々イチャイチャH小説を連載中!
妄想と現実となにか TOP  >  スポンサー広告 >  官能小説 >  入るときは友達でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入るときは友達でした

俺には、和葉っていう友達がいる。
気づいたらいつも俺の隣にいる幼馴染。

部屋でごろごろしてたら和葉から着信があった

『よぉー新次。今日もどっか遊びに行くべ』
「そだな、今日はどこ行く?」
『んー…そうだ、ラブホ行ってみね?』
「は!?和葉何言ってんのw男二人だぞ!」
和葉がいきなり変なこと言いだして吹いた。

『だってよぉ…あいつが連れてけって言ってるんだけど、全然わからなくてよぉ…』
「あいつって誰だよ。彼女か?w」
『ま、まぁそんな感じ!とにかくよ、一度行ってみたいからいこーぜ!』
「しゃーねーな…じゃあ中央公園のいつものところな!」

というか、男同士でラブホ行けるのか?
改めて考えると疑問が残るが、約束してしまったからにはいくしかない。

『ちょw新次いっつもはえーなw』
和葉が来たけど…
なんかちがう。
いつもの和葉だけどなんか違う…

「か、和葉がおせーだけだよ!」
『いろいろ準備っていうものがあるんだよ俺にも!』
確かに、和葉はなんかでっかいカバンを持ってきていた。

「あなた!私のことをめちゃくちゃにするつもりなのね!エロ同人みたいに!」
『そうだよ!めちゃくちゃにしてやる!ってやめろw』
こんなバカなやり取りをしつつ、さっそくラブホに向かう。

「なんか目的のラブホってあるの?」
『んー…やっぱあいつはおしゃれなのがいいと思うんだ』
「てかあいつって誰だよ!教えてくれよ!」
『いいじゃねーかよ!w新次にはいえねーよ!』
めっちゃ気になる…
俺彼女いないけど、和葉は彼女いるんだなって思うとちょっと寂しい気も…

『新次もしかして、俺が彼女作ったら寂しいとか思ってるんじゃねーの?』
「なんでだよ!w」
『まぁまぁ、安心しろよw』

くだらない話をしながら、目的のラブホについた
「ほらついた…ぞ?」
さっきまでバカ話してた和葉の顔が急に曇った。
「どうした?」

『えっ?』
「えっじゃねーよw」
『わりぃわりぃw寝てなくてさw』
寝てないくせになに誘ってんだよこいつはw

俺も初めてラブホに入ったけど…
なんだこれ…めっちゃおしゃれでムード満点じゃん

少し暗い部屋。
流れるオルゴールのBGM。

なんで男二人でラブホ来ちゃったんだろうな…
ってあれ?和葉がいない。

「和葉ー?どこいったー?」
『お風呂-!入ってくんなよー!』
全く…自分勝手な奴だな…

「おっ、ここいじるとライトとか音楽とか変わるんだな」
気分によっていろいろ選べるんだな…

「みんないろいろ書いてるんだなぁ…てかこれ不倫じゃん!やべぇw」
ラブホに来た感想のノートにはいろいろなカップルが感想を書いてる。
たまに、同じ名前で書いてあるのは…そういうことなのか…w

『だーれだ!』
ふいに後ろから目隠しをされた。
「誰だって和葉しかいないだろ、なにふざけて…」
乱雑に手を取り払って和葉のほうを向いたら…

全然知らない子が立ってた。
いや、声は和葉だけど、顔も服も全然違う女性。

えっ?
なに?
どういうこと?

頭が追い付かない。
俺は和葉とラブホに入ってきたのに、
お風呂から出てきたのは和葉の声がする女性…

『びっくりした?w』
「えっと…どういうこと…」
ほんとにそれしか言葉が出ない。

『新次全然気づかなかったけどさ…私ほんとは女だよ?』
「うそでしょ…?もうお前と何年ずっと一緒にいると思ってるんだよ…」
『嘘かどうか…確認して?』
和葉が抱き着いてきて、俺の右手を和葉の股間に誘う。

『これでも…信じない?』
耳元でささやかれて…
右手に握れるはずのものがなくて…
ぞくっとした

『新次なら…抱かれてもいいよ…?というか抱いて?』
抱いてって言われても…
和葉だぞ…
どうすりゃいいんだ…?

IMG_20151023_223704.jpg


「上るときは友達と、降りるときは恋人と」みたいなフレーズあったじゃないですか。
そんなイメージ。
これはジャンル分けができなかった。分けると即ネタバレなので。
Twitterで流れてきたネタがヒントになりました。

実際はどこかでバレる(ここまで隠し通せない)んですが…それはまぁ…

短編から長期に転換させようかなって思ってる小説がいくつかあります。
これも、続きかけるように止めました。
聖華さんはまた12月くらいになったら続き書く。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/11/19 00:24 ] 官能小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

優紀

Author:優紀

最近はちょっとエッチな妄想 官能小説を中心に書いています。

気に入っていただけたら拍手とか、いただけると嬉しいです><




ご意見ご感想、「続きを書いて欲しい単発ネタ」「この名前で書いて欲しい」などあればお知らせください。






世間一般では「LGBT」って言われる人間です。


体と心の性がずれています。。。
身体が男、心が女

かうんた
メールフォーム
「昔やってたアレの依頼」とか何かあればどうぞ
相互リンク、「妄想を話したい」、こういうの書いて欲しいとか

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロともさん募集中です(o・ω・o)

この人とブロともになる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。